足痩せに効果的な適当マッサージ!

いきなり運動を始めるのは得策じゃない?

足を細くしたいと思っている方の中には、やっぱり脂肪を落とすからには定期的な運動が大切だと考えて、いきなり運動をしてみては、結局続かずに効果を得られないという方も多いのではないでしょうか?

 

スクワットなどの筋トレや、ウォーキングなどの有酸素運動はもちろんダイエットにも良いでしょうし、健康面を考えてもやった方がいいことは間違いないのですが、必ずしも下半身太りに効果があるとは限らないのです。

 

実際、私も運動をしようと思い立ってお家でスクワットを30回程度、最初は筋肉痛になりながら初めて、慣れてきたころにはジョギングも20分ほどやるようになって体重は落ちたものの、なかなか下半身のサイズダウンには結び付きませんでした。

 

逆に、元々ついていた脂肪が燃焼する前に、脂肪の下に筋肉がしっかりと付いてきたおかげでちょっと足が太くなった気すらしたくらいです。

マッサージをして巡りを良くしてあげよう

いろいろ頑張って、好きでもない運動をやってもまったく効果がないどころか逆に足が太くなれば、誰だってやめてしまいますよね。

 

そんなときに、下半身太りの大半は女性に多く、その理由は筋肉が少ないことや運動量の少ない仕事に従事することが大ことによるむくみが原因になっていることを知りました。

 

そして運動も大切だけど、むくみを解消するためにはリンパマッサージをしてあげることが大切であることを知って、さっそく実行してみることにしました。

 

やり方についてはたくさん情報がいろんなサイトに載っていたのですが、どこのリンパ節を中心に〜とか、ここのリンパ管が重要だとか書かれていたのですが、面倒だし、ややこしいものほど継続はできないのでとにかくリンパマッサージをするときの方法の基本的なことだけを学びました。

 

それは、とにかく力を入れないこと、そして心臓に向かってやるということだけを守って、あとはただ適当に手でさするという『超いい加減マッサージ』をしてみました。

 

マッサージというと筋肉をほぐすために力を入れるイメージですが、リンパというのはとても小さい刺激によって流れているものなので、軽くさする程度の刺激でも十分改善することが期待できるものなのです。

 

また、下半身の血液やリンパ液は、重力に逆らって心臓や腎臓に戻らなくてはいけないので、他の部位よりも停滞しやすいのです。

 

そのため、リンパが心臓の方に向かうように、足元から上半身に向かう方向にさするということを意識する必要があるのです。

 

やり方は簡単で、お風呂で湯船に浸って体が温まったところで湯船に浸かったまま、足首から順にさすったり本当に軽く揉んでみたりするだけです。

 

さするだけでなく軽く揉んでみることで、ちょっと痛みを感じるところもあったりするので、そこは何度もさすってリンパの流れが良くなるように入念にやっていました。脚の前側、横、後ろもまんべんなくマッサージをしていきます。

 

お尻と脚の境目なども念入りに。

 

ツボなども気にせず、脚全体が柔らかくなったような気がするまで、ただたださすったり軽くもんだりするだけです。

 

血行も良くなるので、代謝アップも期待できますし、こりやむくみが改善されたのか、私は始めて一ヶ月くらいで、パツパツだったパンツの太もも部分に余裕ができました。

 

お金もかからないですし、筋トレやスポーツほど面倒でも辛くもないので、ものは試し。本当におすすめです!