下半身太りと遺伝

遺伝によってお尻が大きくなった?

私は足が太いのも気になるのですが、なんといってもお尻が大きいのがすごく嫌でした。

 

いつからかわからないくらい、気が付いた時にはおしりが大きくて…もちろん足も結構太いほうでした。

 

そして母親を見てみると同じように大きなおしりに、太い脚なんです。

 

学生時代は顔は若いのに下半身はおばさん体型、本当に嫌でダイエットもいろいろとやってみて、食事を抜いたり、ジムに通って運動をしたり、テレビで特集があればそれを実践するなど、いろいろなことをしてみました。

 

しかし、体重が減ったりすることはあってもお尻の大きさが変わるようなことはありませんでした。

ジムで鍛えていた時には、脂肪が減るよりも先に筋肉がついてしまって、なんとさらにたくましい脚に変貌を遂げました。当時穿いていたパンツも、全体的にきつくなってしまっていました。

 

何をしても下半身が細くなれないために、最終的には遺伝のせいにして、結局何したって遺伝には勝てないんだな…責任転嫁をしてしまっていました。

 

こうなるともうやる気が無くなって、学生時代には短いスカートやショートパンツも穿くことはありませんでした。

 

大人になって、今では2人の子供を出産しているのですが、それからというもの腰痛に悩まされるようになりました。

 

その状況を主人に相談したところ、「最近骨盤矯正流行ってるらしいよ。近くにあるから一度試しに行ってみたら?」と言われ、意味があるのかどうかよくわかりませんでしたが、産後の骨盤ダイエットなどもよく聞くフレーズであったため、少し興味があったので調べてみました。

 

高額ならやめようと思っていたのですが、調べてみると意外とリーズナブルだったので行ってみることにしました。

 

この時の目的は痩せること以上に腰痛を改善することでした。特にダイエットなどの事は自分から話してはいないのですが、施術を受けたら先生から「姿勢の悪さと出産によって、骨盤が曲がっていて必要ないところに脂肪がついたり、腰痛になっているんじゃないか?」と指摘を受けました。

 

その時の私にとったら目からウロコ!!遺伝のせいにしてたけど、姿勢のせいだったのかと思いました。

 

言われてみると私も母も結構姿勢が悪いです。その編は遺伝ではなくて見て育っているので似てしまうんですね。

 

それからは、先生の言葉を信じて、私の正しい姿勢を意識して、骨盤矯正に月に1度通いました。

 

するとビックリ!今まで何をしても太いままだったおしりはみるみる小さくなり、脚も太ももの間にしっかりと隙間ができるようになりました。すっかり諦めていた下半身太りをついに脱出できそうです。